しみ取りで可能となる、そばかす、シミ、肝斑の解消

治りにくい症状

シミの中でも、一番治りにくいとされるものに肝斑と呼ばれるものがあります。
肝斑は、ほかのシミとは異なった特徴を持つもので、原因や治療法も異なります。

肝斑は顔の両頬骨に現れるシミで、特徴としては左右対称に同じ形、同じ大きさで現れます。
広い範囲に現れることがあるので、すぐに普通のシミではなく肝斑であるということを判断することができます。

また、額や口の周辺にもできることがあります。
肝斑は他のシミと同様に紫外線の影響を受けて発生しますが、紫外線以外でも発生の原因となるものがあります。
それが女性ホルモンです。
肝斑は女性ホルモンの影響を受けて発生します。
特に妊婦や妊娠中の方に発生しやすいという側面があり、傾向避妊薬の服用によって肝斑が発生したという例も数多く報告されています。
ストレスによるホルモンバランスの変化も大きな原因となります。

日常生活で過度のストレスを感じている方は、ホルモンバランスが狂いやすく肝斑の発生を促進させてしまうのです。
ストレスを解消することによって、肝斑が減少することができます。

また、皮膚に対する過度のマッサージによって、肝斑を発生させてしまうこともあります。
皮膚は物理的な刺激にとても敏感なので、肝斑を控えるためには物理的な刺激を抑えることが大切です。

治療方法としては、飲み薬や、レーザー治療によって解消することが可能です。
また、飲み薬を服用することによっても、治療が可能なので自分に合った治療方法を選ぶとよいでしょう。

肝斑に悩みを抱えている方は、まずは美容外科で相談してみるとよいでしょう。
症状が軽い場合は、飲み薬をのんで治すこともできます。

また規則的な日常生活や規則的な食習慣も大切で、生活や食事にリズムを整えることによって、確実に肝斑を減少させることができるのです。